シュンパゴ / しゅんY12の部屋【北海道内を中心に450コース以上のパークゴルフ場を紹介】

北海道十勝地方で生まれた三世代スポーツ「パークゴルフ」のコース研究を主にしています。その他、ゴルフゲームとかの感想・攻略など。「みんなのゴルフ」で自作ゴルファーを作ったり、「ゴルフPGAツアー2K21」で自作コースを設計したりしています。

MENU

【パークゴルフ】PGJ茨戸コース、アルディアOUTコース9番の池越え、自身初成功

11.20は石狩市生振にある、PGJ茨戸コースをプレーした。

上級者向けのハマナスコース、超上級者向けのアルディアコース36Hを回った。

 

今まで会ってきた人たちから、ロブショットなどの極意を教えてもらったので

アルディアOUTコース9番の池越えに挑んだ。撮影は親にしてもらった。

 

上の写真の赤ルートがまさにそれだ。

バーディを奪うならこの空中系ショットを使わなければならない。

 

シュンパゴは今までの練習の成果を見せるべく、赤ルートの池越えに挑んだ…

 

1.打ち筋を確認

 

2.ピポットのホームページにも書かれていたとおり、斜めに構えて右脇を締めてクラブを斜に構えて…

 

3.ボールは上がった!

 

4.対岸に行けるのか!?

 

5.見事、ボールは対岸に着弾した

なおこのホールはグリーン奥にもOBがあるため、勢いの殺せないボールはOBへと吸い込まれる。今日打った球はOBの手前で止まったため、事実上池越えに成功したといえる。

 

 

その他の結果だ。

スコアカードを見てもわかる通り、アルディア9番の池越えに成功のが

強烈なプレッシャーになり、15~18番(B-6~B-9番)ホールで苦戦を強いられた。

アルディア17番は魔のホールだなぁ…

 

アルディアコースでは15番でカップの淵を舐めてダブルボギー、16,17番と連続OBをしてしまった。

33-28-26-38 125打でホールアウトした。

 

これがPGJ茨戸アルディアコースの恐ろしさです。

なお、18番ホールも池に接しています。

プレッシャーに打ち勝ちたい。

「第1回 マナブンカップ」に参加してきました@苫小牧 糸井の森

今日は、北海道胆振管内苫小牧市 糸井の森パークゴルフにて、

フォロワーさんの一人が開催であります第1回マナブンカップに参加してきました。

 

看板

最終的にはオホーツク管内からの参加や地元の有力者まで、19人もの出場者で埋まりました。

 

開始前にちょこっとパッティング練習

 

9:30 説明開始→競技開始

主催者マナブンさんは「普段はネットで交流している人たちでも、横のつながりをこのように広める(要約)」として、今大会を開きました。

 

プレー開始。

今回は大会用のピンポジションであり、A-1から難しい左側の砲台グリーンにピンが切られました。

この曲がったフェアウェイなどで出鼻をくじかれてボギースタートとなったしゅんY。

何せ、大会は初参戦、フリーの私にとって緊張するのも当たり前です。

それでも、A-5、A-6と「2」のバーディでクリアする。

 

難関の右下り曲がり、A-7。

山にピンが切られた大会用のセッティングで大苦戦を強いられる。

B-1ではホールインワン近辺まで付け、楽に2を奪う。

 

B-3。これも曲者だ。

右に曲がる、植栽とOBの攻略が肝なホールだ。ここでシュンパゴは

ミスヒットをしてしまい、左のOBへ入ってしまった。結果的にトリプルボギーとなる。

 

B-4。

グリーン側から撮影しているが、グリーンの前は深いラフ。オーバーした方が

マシなくらい深いのだ。

 

B-9、86mの打ち下ろしホール。

ここでも打ち上げられないショットになってしまい、球威が殺されてしまい、

歪んだグリーンにも苦戦してパーを叩いたのであった。

ABコースは60打(-6)でフィニッシュした。

 

 

後半へ…

Cコースでは下りや距離の短いホールを対処しきれない場面もあったが、

28打でホールアウトした。

 

続いて、この写真はD-4(70m/par5)。

大会関係者のカメラ(スマホで固定されている)に撮られつつ強めのライナー打ちに成功。しかしながらイーグルを逃す。

 

D-7を3打、D-8の打ち上げを2打、D-9は砲台グリーンに苦しめられ4打でのフィニッシュ。

 

結果、CDコースを57打でホールアウト。

シュンパゴはご覧の通り117打(-15)。

課題があったものの、大会仕様のピン位置にしては善戦した方だ。

 

 

 

 

結果発表!

5位から表彰を順に行い、優勝したのは…

なんとプラス10打のハンディをものともせず、地元の有力者、谷口さんが104打で優勝!!

 

従って、谷口さんのハンディ抜きのスコアは「94打(-38)」だった。

次元が違いすぎる…地元の有力者おそるべし!

 

これには私もいい意味で驚嘆しました。

-38となれば、全ホールでバーディーペースが96打なので、

まさしく驚嘆の一言に尽きました。

 

その後、景品抽選会が行われ、シュンパゴはというと、

パークゴルフボールを3個(しかも高級なギア)もゲットしました。

 

さらにその後、主催者マナブンさんから、YouTubeTwitterで頑張っている

人達が紹介され、シュンパゴも紹介されました。

意外にも多かったのが、シュンパゴの「ゴルフPGAツアー2K23」での

自作コース動画を見て下さっている人が居たということ。

 

たかだかゲームでも、私の自作コースを見て下さっている方が

こんなにも見て下さっているということにまず驚きました。

 

 

 

大会後は、いわゆる19番ホールとして、一緒に回った方と写真撮影したり、

パークゴルフや自作コースを語り合ったりしました。

 

マナブンさん達へ、とても楽しいひと時を過ごせました!

参加者皆様との交流もできて嬉しかったです。

またこういう大会あれば、参加しようかなとも思いました。

調査No.466 安平町早来・ときわ公園パークゴルフ場【シュンパゴ独自調査】

●狭い林間コースが中心。Bコースは距離が長い

 

北海道胆振管内安平町(旧:早来町)。18ホール。

「ときわ公園キャンプ場」から更に進み、奥の高台にあるパークゴルフ場。

「ときわ公園キャンプ場PG場」の18ホールとは違い、無料でプレーできる。

筆者としても21年ぶりのコースプレイだったので、懐かしく感じた。

 

コース入り口

 

総合難易度:★★★★★★★☆☆☆

難易度は起伏や距離などを見て、シュンパゴ独自の見解で判断しています。

 

 

A-2 50m/par4

多少打ち上げのミドルホール。木の根っこにも注意。

 

 

A-3 38m/par4

ピン側から撮影。下りのホールとなっており、やはり林間だ

 

 

A-6 50m/par4

木の間を通してピンを狙うパー4。的確に寄せていこう。

 

 

A-8 43m/par3

打ち上げのホール。左側にある落ち葉がいっぱい溜まっているところは、窪地になっている。

 

 

B-1 37m/par3

落ち葉がたくさん溜まっている窪地に注意しつつ、ピンを狙っていこう。

 

 

B-2 50m/par4

窪地や木がなかなか厄介なパー4。OB杭はないので、左から攻めるのも手だ。

 

 

B-4 65m/par4

下った後に強い打ち上げがあるパー4。強打で乗り切ろう。

 

 

B-6 53m/par4

馬の背式のフェアウェイ。左側を走らせていきたい。

 

 

B-7 70m/par4

打ち下ろしでグリーンが斜面にある。左に打って右傾斜を上手くかわし、

パット技術が問われる。

 

 

B-8 75m/par4

右側が崖で、野球場になっている。

右に曲がっており、ロングアプローチを強いられる。

 

B-8グリーン側から撮影。

引き続きコースが狭く、油断はできない。

 

 

B-9 43m/par3

若干、右に曲がる打ち上げのパー3。右に曲がるとはいえ、

ピンを直接狙うことは可能だ。

 

千歳リバーサイドPGで回ってきました…ウッドコース廃止は悲しい

 ↑リバーコースA-4番。

 グリーン側から撮影、外に逃げる傾斜もある左に曲がるホールだ

 

今回は北海道石狩管内千歳市にて、千歳リバーサイドパークゴルフ場を

プレーしました。

しかし、2014年の退院後は行ったかどうかも分からない状態の中、

ウッドコースの一部コースは廃止され、パークゴルフの練習コースとなり、

残った部分が一部変わり果てた姿に…

 

やや「時代だなぁ…」と感じつつも、

残されたリバーコース36ホール

現在は1日料金で800円で営業している。千歳市内はコトロパーク(かつてあった

パークゴルフ場。最盛期は108ホールもあった)なども含め、

パークゴルフの経営が厳しいのかな…。

 

 ↓下のリンクは私のブログの千歳リバーサイドの72ホール時代の解説記事です

shunpago-shun-y-12.hatenablog.com

 

 

 

 

 

ABコース記録

 

CDコース記録

 

スコアです。

上の写真の通りですw

コース幅が狭めなのも手ごわいが、フラットに見えても起伏・傾斜はちゃんと

あるし距離もあるので手ごわいんです。右ドッグレッグのC-8番でOBして

しまいました。

 

Dコースは9番のイーグルトライが入らなかったが、26なのでまあまあ上出来、

他のコースも優秀なスコアで回りたいな。

私はメンタル面では、生まれつきの障害もあってアレなので

そう簡単には強いメンタルを持っていないと攻略できないようです。

 

でも、過去に萩史之さん(十勝管内帯広市で居酒屋経営、パークゴルフ

有力選手のひとり)や、今や私を抜くペースでYouTubeの更新をしている

同じく十勝管内パークゴルフチーム、相馬塾の方々も、

 

\ 楽しくなけりゃパークじゃない! /

 

と再三再四言っております。

そうですよね、私は心理的な意味で乱調ではありますが、パークのブログを

10年以上続けてきて、これからも、自分なりの楽しさを追求し続けます。

 

実はこの前の、Karakennさんと行った、パークゴルフ十勝&弟子屈遠征

ことを月刊パークゴルフ新聞に寄稿しました。採用されますように…、

と祈っています。

【読者の皆様へ・重要報告】「ゴルフPGAツアー2K23」での活動につきまして

日頃より、当ブログをご覧になってくださりまして、

誠にありがとうございます。

 

明日、ご存じの通り、コースが作れるゴルフゲーム

「ゴルフPGAツアー2K23」が未明より

(明日10.11の0時から)日本国内で解禁となります。

 

ゴルフPGAツアー2K23ので自作したコースの設計につきましては、

私の姉妹ブログであります「シュンゴル共和国」

ご覧くださりますよう、お願い申し上げます。

 

 ↓ これです

ameblo.jp

 

なお、同作は新要素としてキャラ育成に近い機能が搭載されており、

また「3クリックショット」というのもありますため、少しゲームに

慣れてから、コース設計を進めてまいります。

 

今後とも、しゅんY12をよろしくお願いいたします!

帯広&弟子屈パークゴルフ遠征 3日目【聖地でのミニ交流会】

10月2日 日曜日。

しゅんY12らはパークゴルフの聖地:幕別町

札内地区にあるパークゴルフちろっとの森コース」

目指していた。そこには朝からたくさんのプレーヤー達が!

 

そして、9時にTakahashiさんとマカフーさんと合流し、

ラウンドを始めた。東ABコースと西ABコース、合計36ホールで構成される。

パークゴルフではアウトコースをAコース、インコースをBコースと呼ぶのが公式)

shunpago-shun-y-12.hatenablog.com

 

東コースの18ホールは落ち着いて広いフェアウェイをかっ飛ばせたが、

西コースになると林間エリアや起伏が厄介になる。

 

↑ ちろっとの森 西コース6番にて。

カフーさんに撮ってもらいました

 

このように西コースは起伏や傾斜や木もあり、簡単には攻略しにくい

設計になっている。

それでも、しゅんY12は、14番(B-5)ホール(95m)でアルバトロスを決めた。

 

↑ 全力で打った1打目がグリーン近辺に止まり、アルバトロストライを沈めるしゅんY12。マカフーさんに撮ってもらいました

 

しゅんY12は結果は、東OUTから順に 25-26-29-29 109打(-23)でホールアウト

ちなみにJALカップパークゴルフ選手権のトップランカーは男子の場合、

大体、36ホールで90打前半という驚異的なスコアをマークする。

つまり、大概のホールは2打でクリアしているのだ。

ちろっとの森はほとんどのホールが直線に狙えるため、特に東コース

ならば、どんなに距離あろうが、1オン1パットを目標に狙っていくのである。

 

 

 

 

その後は、芽室町のまだ調査していない「美生川河川敷パークゴルフ場」を

調査することとなった。

その前に4人で昼食。十勝名物は豚丼だけではない!

地元に目を向けたカレーショップ、「インデアン」のカレーを食したのだ。

 

十勝管内帯広市近辺に数軒あるカレー屋さん「インデアン」

 

「インデアン」の魅力の一つに「安さ」がある。このゴロゴロした

チキンカレーが726円で食せるのだ!

ちなみにしゅんY12は中辛を選んでいるが、さらに強い辛さを求める

人もいる。

 

このチキンカレーを食べた後はいよいよ最後の調査コース、

芽室町の美生川河川敷パークゴルフ場へ…

shunpago-shun-y-12.hatenablog.com

 

このコースは浅いけど、ボールが沈むグラスバンカーが多数ある。

また、総合距離も長いので、これにやられると結構足手纏いになる。

結構苦しめられながらラウンドを終え、Takahashiさんとマカフーさん、

Karakennさん(私のドライブ仲間)と、しゅんY12でスタート地点付近で

パークゴルフ関連の会話をしまくった。

 

さらに四人で記念撮影…ところがうまくいかない。

 

そこで、最終ホール付近を回っていた家族連れの若いご夫妻のかたの

旦那さんにカメラを持ってもらい、無事に四人で記念撮影ができた。

初対面なのにありがとうございました!

 

その後もパークゴルフ談議に華が咲きまくり、

TakahashiさんやマカフーさんらとLINE交換もした。

 

夜になってしまったが、何とか帰路につき、こうして3日間の

パークゴルフの旅が終わった。運転に協力してくださったKarakennさん、

一緒にラウンドしてくださったTakahashiさんとマカフーさんには

大いに感謝いたします。そして写真撮影でカメラを持って下さった

家族連れの旦那さんにも大いに感謝いたします!

 

これにて調査したパークゴルフ場は465個。500コース調査まで

あと35個…しかし、まだ行っていないパークゴルフ場は羅臼とか、

北海道の隅々ばかり…、コロナ問題が明けたら本州にも行こうかなと

考えている。

 

最後までご覧いただき、誠にありがとうございました!

帯広&弟子屈パークゴルフ遠征 2日目【弟子屈町内編】

2日目。10月1日。

早朝の帯広市内…霧がかかっていた。

 

ご覧の様子であったが、その霧もどんどん晴れていき、

予報では弟子屈町は26度まで上がることになっている。

 

釧路市阿寒町経由で弟子屈に向かうことに…

 

 

道の駅、阿寒丹頂の里で休憩。自販機でコーヒーを買う。

 

途中、山あり低地ありの道を進んでいく

 

標茶町の入り口

 

やがて弟子屈町が見えてきた。

 

そして…!

弟子屈の屈指の観光地「900草原」に到着!

それではご覧ください!!

 

360度パノラマの中に18ホールのコースがあり、

さらに、そこから徒歩2分、下側にも18ホールのコースがある。

 

牛の侵入を封じる為に、ロープが張ってある。気を付けてコースに入るべし。

 

shunpago-shun-y-12.hatenablog.com

見た目通り、山や丘の傾斜をふんだんに活用。

おまけにラフは牧草芝に近く、クラブが芝に絡んでしまうため出しづらい。

かなりの高難易度コースだ。

 

続いて弟子屈の街中に近づき、道の駅摩周温泉へ…

 

樽がお出迎え。たるったるー!

 

中ではジェラートや、エゾシカ類のバーガーなどが販売。

 

メロン&ハスカップ味のジェラートと、エゾシカのパティの

ハンバーガー(うろ覚え)を注文した。注文から店内で7分待つと

スタッフが呼んでくれる。

 

道の駅店内には食べるスペースが3席ある。

メロンとハスカップジェラート(左から順にメロンとハスカップ)。

 

食後、巡れるだけパークゴルフ場を巡った。

 

撮影のみとなったが、距離が短く地元民がプレーしている

鐺別(とうべつ)川河川敷パークゴルフに出向いた。

 

 

 

shunpago-shun-y-12.hatenablog.com

なるほど、こう書いて「鐺別(とうべつ)」と読むのか…メモメモ…

 

 

 

さらに、帰りの方向に向いて、奥春別パークゴルフもプレー。

shunpago-shun-y-12.hatenablog.com

こちらでも地元住民らがプレーを楽しまれていた。

36ホール回り終えた頃には、日が暮れようとしていた。

 

そして、夕方17時前、崖沿いの国道を進むと途中に撮影スポットが…

太陽はもう沈んでしまったが、綺麗な景色に癒された。

 

阿寒湖温泉近辺で休憩し、足寄を走っていることには夜になって

しまったが、無事に帯広のルートインに戻ることが出来た。

 

さて3日目は安平町早来と千歳の方と、幕別町札内の

ちろっとの森パークゴルフコース等でミニ交流会だ。