シュンパゴ / しゅんY12の部屋【パークゴルフ場考察研究所】

北海道十勝地方で生まれた三世代スポーツ「パークゴルフ」のコース研究を主にしています。その他、ゴルフゲームとかの感想・攻略など。「みんなのゴルフ」で自作ゴルファーを作ったり、「ゴルフPGAツアー2K21」で自作コースを設計したりしています。

MENU

調査No.442 遠軽町生田原区・安国パークゴルフ場ピノキオコース【シュンパゴ独自調査】

●細かい起伏やグラスバンカーが面白くトリッキーだ

 

北海道オホーツク管内遠軽町生田原区。27ホール。

フェアウェイは全面刈りのコースなのだが、グラスバンカーやトリッキーな起伏があちこちに待っており戦略的だ。

 

コース案内板

南・中・北コースからなる。

 

 

南-3 70m/par4

コース幅は広いが、右側にグラスバンカーが2個あるホール。

 

 

南-4 45m/par4

切り株とグラスバンカーに注意して寄せていこう。

 

 

南-7 45m/par4

グラスバンカーが随所にある。ピンの近くのグラスバンカーにはボールを嵌めたくない。

 

 

南-9 75m/par4

左側にある木を避けて進んで行く、距離のあるパー4だ。

 

 

中-1 77m/par4

ネットでショートカットが禁止されている、右ドッグレッグのホール。2打目もグラスバンカー越えでグリーンを狙うことになる。

 

 

中-3 48m/par4

またしてもネットでショートカットできないホールになっている。しっかりコーナーに付けて、バーディを目指そう。

 

 

中-5 68m/par4

強い左傾斜に注意。しっかり右を狙ってショットしよう。

 

 

中-7 47m/par4

ティー直後の起伏と右のグラスバンカー群が厄介。ボールが明後日の方向に逸れやすい。

 

 

北-1 78m/par4

右にネット、左に溝があるジグザグホール。右のネットを上手く避けられる位置につければ、バーディが狙える。

 

 

北-2 46m/par4

切り株と右側のグラスバンカーが難物のミドルホール。

 

 

北-4 30m/par3

マウンドを超えてグリーンに辿り着く。グリーン周囲にはこれまた多数のグラスバンカーが待っている。

 

 

北-5 48m/par4

グリーン側から撮影。左に曲がるホール。グラスバンカーがとにかく多く、道中にもグリーン周囲にもこのように多数存在する。

 

 

北-7 52m/par3

右側がOBや木、グラスバンカーが待っている。比較的長めのパー3であるためにバーディを奪うのは難しい。